PPタンク

PPタンク(タフタンク)

特長

PPタンク(タフタンク)

画期的な樹脂タンク

PPタフタンクタフタンクは、「POLYPRENE(R)(ポリプレン)」という消防車専用部材を使用したPPタンクです。 軽量かつ耐衝撃性が高く、吸水率が低く耐薬品性に優れた消防車に最適なタフなタンクです。

日本初日本消防検定協会特殊消火装置型式鑑定取得

※POLYPRENE(R):消防車専用に作られたポリプロピレンです。


軽量かつ強靭

軽量で衝撃にも強いPPタンクは消防車両に最適!

PPタンクー軽量かつ強靭車両のバンパー等にも採用されているPP材は、軽さと強さを備え消防車両に最適です。
PPタンクを採用することで車両の軽量化を実現させ『積載物の増加』や『タンク容量の増加』を図ることが可能です。


ロングライフ

錆びないタンク!

ロングライフ錆びないタンク近年消防自動車の使用年数が延長する傾向にあります。
PPタンクは錆が無く長年の使用が可能です。


環境にやさしい

熱可塑性樹脂のため100%リサイクル可能!

FRPとの違い

・PP材は完全に元の材質として再利用する事が可能です。
・溶剤、スチレン、GF(グラスファイバー)を使用していません。


消防車の種類 PPタンク容量 鉄製タンクとの比較※
消防ポンプ自動車 600L 160kgの軽量化
900L 250kgの軽量化
水槽付消防車 1500L 290kgの軽量化
2000L 390kgの軽量化
化学消防車 1000L+300L(水槽+薬液槽) 240kgの軽量化
1300L+500L(水槽+薬液槽) 380kgの軽量化
※タンク単体質量の比較です。
●このWeb上に掲載されている写真及び情報は、製品の改良のため予告なく変更することがあります。

装着車輌

他の防災資機材を見る
メニュー
Top