消防車のできるまで

消防自動車のできるまでをあなたは知っていますか?

消防自動車は、一体どのようにして作られるのでしょうか?このコーナーでは、シャシの搬入から納品までの概要をダイジェストでご覧頂けます。

消防自動車のできるまでの流れ

シャシ搬入

シャシ搬入消防車作りはシャシの搬入から始まります。(はじめは白)


ポンプ積載1

ポンプ積載1ポンプを積み、配管をつなぎ、エンジンとも接続します。


ポンプ積載2

ポンプ積載2放水用配管をポンプに取り付けます。


艤装組立1

艤装組立1鉄製のパネルでボディを覆います。


艤装組立2

艤装組立2フェンダーと側板を取り付けます。


分解

分解きれいな赤塗装への準備完了、塗装工場へ。


塗装

塗装環境を考慮したエコ塗料で、きれいな朱色に仕上げます。


整備(圧力計)

整備(圧力計)電装品を取り付けます。


整備(吐水コックカバー)

整備(吐水コックカバー)吐水口コックカバーを取り付けます。


整備(回転灯)

整備(回転灯)回転灯を取り付けます。


整備(電装品)

整備(電装品)他にも電装品や様々なアイテムを取り付けます。


検査1

making_12放水試験、耐圧試験、真空試験等が入念に行われます。


検査2

検査2技術上の規格の試験に合格し、完成された消防車として認められます。


納品

納品生まれた消防車は各地で活躍します。

消防車の一覧を見る
Top