天ぷら油によるコンロ火災

天ぷら油によるコンロ火災

増えている、最も身近な火災

天ぷら油による「コンロ火災」

どこの家庭でも日常的に使用される天ぷら油。しかし、この天ぷら油から大きな火災に繋がってしまうケースが少なくありません。コンロによる火災の被害は、毎年脅威的に件数が増え、止むことがありません。最も身近で、個々の注意によって防ぐことができるだけに、細心の注意と対策が必要です。

油を加熱し続けた場合の一例
加熱時間 油の温度 状態
5分後 160~220度 天ぷらを揚げる適温
10~15分後 220~320度 白煙や異臭が発生
15~25分後 360度以上 発火

※天ぷら油の種類や油の古さによって変わります。加熱時間や油の温度、状態はそれぞれにより異なります。

油の種類によって発火点が変わる!

天ぷら油の種類や量により発火時間も変わってきます。また、万が一発火してしまった場合は、炎の高さは1メートル以上になる可能性があります。手遅れにならないように、使用前に防災対策を考えておきましょう。

天ぷら油500mlをコンロで中火にかけた場合の一例
油の種類 発火までの時間 発火点
新しい油 約20分 360度~390度
何度か使用した油 約12~15分 360度~391度
コレステロールを下げるとされている
最近はやりの油
約10~13分 350度

※天ぷら油の種類や油の古さによって変わります。加熱時間や油の温度、状態はそれぞれにより異なります。

万が一、発火してしまったら?

  • 鍋の全面を覆うふたをして、空気を遮断しましょう。油温が十分に下がるまで時間をかけましょう。
  • 炎が大きくなってしまったら、消火器を使用し、速やかに消火しましょう。
  • 濡れたシーツやバスタオル等で覆い、空気を遮断します。(引火しないように注意してください)。

※炎の高さは1メートル以上にもなる可能性があります。手遅れになる前に消防署に連絡を。

コンロによる火災を防ぐ為に・・・

  • スプレータイプの簡易消火器を近くに置いておく。
  • 近くに住宅用消火器を設置する。
  • 加熱防止装置付きコンロを使用する。
メニュー
Top